女の人

歯周病治療の得意な歯科医院|歯科医師の得意分野を把握する

怖いイメージを与えない

治療

小さい子どもが虫歯になった場合は、早めに治療をすることをオススメします。しかし、歯医者に行くことを嫌がってしまう子どももいるはずです。虫歯治療をするために練馬区の歯医者に通わせる方法もありますので、親御さんは参考にしてください。

甘いお菓子が大好きな子どもは虫歯にならないように、しっかりと歯磨きをする習慣を教えないといけません。乳歯だから虫歯になってもいいと考えるのは間違いです。乳歯に虫歯がある子どもは、成長し大きくなって、永久歯が生え揃っても虫歯になるリスクが高くなるのです。ですから、虫歯になってしまったら歯医者に通い治療を受けてください。

しかし、小さい子どもは嫌がって行こうとしないでしょう。練馬区の歯医者で治療をせずに放置していると、虫歯は徐々に進行してしまいます。早めに治療をさせることが肝心ですので、親御さんは一緒に練馬区の歯医者に行ってください。

小さい子どもが嫌がらないようにするためには、恐怖心を植え付けないことが大事です。子どもを叱りつけるときに、「言うこと聞かないと練馬区の歯医者に連れていくよ!」などと言っていませんか。小さい子どもは恐怖の対象として受け取ってしまうので、実際に虫歯の治療が必要になった時も行くのを嫌がってしまいます。子どもを叱りつける時は注意してください。

また、虫歯の治療は怖くないというイメージを植え付けることも大切です。子どもは親を見て成長するので、親が嫌がっていることは無意識に避ける傾向があります。そのため、親が「虫歯の治療は怖くない」という態度を子どもの前では取るようにしてください。そうすることで、練馬区の歯医者が怖いというイメージはなくなりますので、虫歯治療に行くことを嫌がらない子どもになるでしょう。